宇宙食の歴史

宇宙について

宇宙食とは

宇宙食とは、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する宇宙飛行士にきちんと栄養素を摂取できるように料理、加工された食品のことです。

以前の宇宙食から現在まで宇宙食はどのように変わってきたのでしょうか。

宇宙食の歴史

アメリカの宇宙食は、有人宇宙飛行が始まった1960年代から工夫されてきました。宇宙食の発展について年代順に紹介します。

マーキュリー時代(1962年~63年)

ひと口サイズの固形食や練り歯磨きのチューブに似た容器の先にストロー状のパイプを付けたものを使用して、
クリーム状、ゼリー状の食べ物を摂取していました。
チューブ式の宇宙食は離乳食のようなものですから宇宙飛行士たちには評判が良くなかったそうです。

ジェミニ時代(1963年~68年)

主に3種類の食品、すなわちひと口サイズの食品、中程度の水分を含んだ物、そして乾燥食品が使われ、質とメニューは改善されました。またマーキュリーで不評だったチューブ式の宇宙食は無くなりました。
この時代には、包装を開くためのはさみや乾燥食品に水を加えるためのウオーターガンなどの器具が登場しました。

アポロ時代(1969年~72年)

この時期にはお湯が使えるようになり、食品を水で戻して通常のスプーンで食事ができるようになり食事のメニューも増えました。当時の宇宙飛行士に必要なカロリーは、1日1人あたり2800カロリーで、それまでのチューブ入りの宇宙食では1日分で重量2kgもあったものが、600gと約1/3の重量になりました。

スカイラブ時代(1973年~74年)

この時期には生医学実験なども行われたため、食事内容も綿密にコントロールされました。約半数は、まだ水で戻す方式の加水食品でしたが、残りの半数は、比較的地上の食事に近いもの(温度安定化食品、自然のままの食品、あらかじめ料理され凍結された食品になりました。
容器はフタ付きのアルミ缶になり、加熱用のトレイの上にのせて暖めました。またスカイラブには冷凍冷蔵庫やダイニングテーブルがあり、ナイフ、フォーク、スプーンを使うようになって、食事環境はかなり向上しました。

スペースシャトル・国際宇宙ステーション時代(1981年~2008年頃)

この時代には、より地上の食事に近いものとなり、メニューの種類もさらに増えて、一般に売られている食品をそのまま利用するものや、温度安定化食品(レトルト食品)、加水食品(スープ、ライス、スクランブルエッグなどのフリーズドライ食品)、半乾燥食品(乾燥フルーツ、乾燥牛肉など)、自然形態食(ナッツやクッキーなど)、新鮮食品(リンゴ、オレンジ、バナナ、ニンジン、セロリ、ロールパンなどの新鮮な果物や野菜)などがあります。
シャトルの宇宙食はプラスチックの容器に入っており、水やお湯を加えてもとに戻すもの、オーブンで加熱することができるものなどがあります。

スペースシャトル・国際宇宙ステーション時代の宇宙食の例

スペースシャトル・国際宇宙ステーション時代の宇宙食の例

国際宇宙ステーションでの長期滞在(2008年頃~現在)

ISSの初期段階の食事メニューは10日間のローテーションで組まれており、5日間はロシアの宇宙食メニュー(缶詰が主体)、5日間はアメリカの宇宙食メニューから選ばれていました。

その後システムが変わり、16日間のローテーションメニューとなり、バラエティも増えました。また、ヨーロッパや日本の宇宙食なども登場するようになりました。

引用:https://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/187.html

宇宙食の開発

 

 

日清食品ホールディングスが新たに開発した宇宙食4品が、JAXAにより8月19日に宇宙日本食として認証されました。

日清食品の宇宙日本食としては、全7品が、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する予定の野口聡一宇宙飛行士の携行品として提供されました。

なかでも「スペース日清焼そばU.F.O.」は、野口宇宙飛行士の「宇宙で大好物の焼そばを食べたい」との話があったことを受けて実現したものだそうです。

宇宙では調理時の湯切りができないため、お湯吸い切りタイプの麺の開発が大きな課題だったと言われています。

認証された宇宙日本食

宇宙日本食の認証数 26社/団体 47品目(2022年1月17日時点)

  • エア・ウォーター十勝食品
  • 江崎グリコ
  • 越後製菓
  • 大塚製薬
  • 尾西食品
  • 亀田製菓
  • キシモト
  • キッコーマン食品
  • キューピー
  • 相模女子大学×石田缶詰
  • 宝食品
  • 日清食品ホールディングス
  • ハウス食品
  • 福井県立若狭高等学校
  • ホテイフーズコーポレーション
  • マルハニチロ
  • 三基商事
  • 三井農林
  • 森永乳業
  • 山崎製パン
  • ヤマザキビスケット
  • 山本海苔店
  • UHA味覚糖
  • 理研ビタミン
  • ローソン
  • ロッテ

宇宙日本食は、食品メーカなどが提案する食品をJAXAが定める宇宙日本食認証基準と照らし、基準を満足している場合に宇宙日本食として認証するものです。ISSに滞在する日本人宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的なストレスを和らげ、ひいてはパフォーマンスの維持・向上につながることを目的として開発したものです。

また、現在は、日本人宇宙飛行士のみに提供されていますが、今後は国際パートナーの宇宙飛行士にも、いずれ提供できるようにと考えています。

宇宙日本食は、日本の家庭で普段食されている範囲を対象としており、日本の伝統的な「和食」には限定していません。これまでに宇宙日本食として認証された食品には、焼きそばやカレーなども含まれています。

引用:https://humans-in-space.jaxa.jp/life/food-in-space/japanese-food/

ISS宇宙食の状況

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の初期段階の食事メニューは10日間のローテーションで組まれています。5日間はロシアの宇宙食メニュー(缶詰が主体)、5日間はアメリカの宇宙食メニューから選ばれていました。

また、1日の食事は3.5食(朝食、昼食、夕食、スナック)でした。その後、システムが変わり食事メニューも16日間のローテーションとなり、欧州宇宙機関(ESA)や日本の宇宙食なども登場するようになりました。

さらに月に一度はNASAの微生物検査をパスしたものであれば、好きなものを含めることができるため、市販のレトルトや缶詰、お菓子、宇宙飛行士個人の好みで色々なものを持ち込んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました