地理空間分析の導入事例

宇宙について

GIS(地図情報システム)とは、一体どんな風に活用されているのかを調べてみました。とてもわかりやすいご説明や導入事例をホームページに掲載されています。具体的に活用してる企業もご紹介されていたので抜粋させて頂きました。

技研商事インターナショナルは、どんな会社?

 

技研商事インターナショナルは、下記の事業内容の会社です。

 

 

・エリアマーケティングGIS(地図情報システム)の開発、販売、サポート
・センサス/市場データ/オルタナティブデータの開発、販売
・位置情報を用いたビジネスモデル構築支援・コンサルティング
・位置情報を用いたデジタル広告配信のプランニング・運用支援
・DMP/CDPの構築支援・コンサルティング
・マーケティング分析プラットフォームの提供・連携サービス

導入事例

株式会社トリドールホールディングス

事業概要:「讃岐釜揚げうどん丸亀製麺」「焼鳥ファミリーダイニングとりどーる」「とんかつ・とんテキ専門店 豚屋とん一」「美と健康のライフスタイルブランド SONOKO」などの飲食店を中心とする傘下子会社の経営管理

商圏分析・エリアマーケティング専用のGIS(地図情報システム)はMarketAnalyzer(マーケットアナライザー)を活用した戦略的に出店をするために導入されたようです。

MarketAnalyzerは、統計データを確実に取得できることが強みで、「出店余地エリアランキング」という機能で、出店エリアを決めていくものです。

各店舗のデータや周辺エリアの商圏データ等をMKAを使って地図に落とし込み、出店基準に合ったエリアはどこなのかを割り出します。数字を表に並べるのではなく、地図上に可視化することで、出店すべきエリアが具体的に見えてきます。「出店余地エリアランキング機能」は、出店する店舗の吸引力や魅力値などもパラメータとして持てるのは面白いですね。

出店余地以外でも、MKAの「一括集計」できる機能は重宝します。
多くの店舗を対象にして、一括して何かしらの情報を取り出すのはハードな作業。MKAは店舗をポイントデータとして登録し、それに紐づく売上や敷地面積、統計データ等の様々な情報を一括で取得・分析できる機能があるので作業スピードが速く便利です。

引用:https://www.giken.co.jp/case-study/toridoll/

株式会社ワークマン

事業内容:フランチャイズシステムで作業服及び作業関連用品を販売する専門店をチェーン展開

コンビニに適した立地がうちにもいいとは限らない。
過去に学んだ経験から、自社ならではのルールを導く。

「必ず繁盛する店づくり」を支える出店基準は、どのようにして生まれたのでしょうか?

ワークマンでは、未加工の統計データではなく、既存店の経験や実績を加味した自社基準の数字を見て、商圏ポテンシャルを図っています。今はもうノウハウが構築されているので、いろんな確度からの細かい調査はしていませんが、300店舗くらいの時までは、「売れる立地はどうか」等、綿密に商圏分析をしていました。人口ピラミッドや面する道路の交通量だけでなく、周辺の産業調査から競合店の状況なども細かく調査していましたね。

出店後の売上と立地の相関を分析・蓄積しながら、自社ならではの選定基準ができてきました。交通量なら地方でも最低これくらいは欲しいとか、こういう特徴の立地は全然お客様の目に入らないとか。出店できない場所の特徴を洗い出した「タブー集」を職場に掲示していたこともあります。もちろん、複数の条件を総合的に加味するので、基準に沿わない場所は絶対ダメというわけではないですが、ある程度土地が絞られるので選定のタイムロスが防げます。

引用:https://www.giken.co.jp/case-study/workman/

エムシードゥコー株式会社

事業内容:商業施設敷地内での広告メディア開発と広告スペース販売
・ストリートファニチャーによる広告メディア開発と広告スペース販売

 

GPS位置情報の活用で、屋外広告を
設置する前後のロケーションの価値を評価。
お客様へのロジカルな提案を実現。

全国43都市でバス停、全国のショッピングモールや空港で広告媒体を運営されるエムシードゥコー様。広告ラインナップのターゲティング分析を目的に、2018年よりMarketAnalyzer™をご活用いただいておりますが、今回新たに媒体周辺の人流を把握しその価値を数値化するために、GPS位置情報を搭載したKDDI Location Analyzerをご導入いただきました。採用の理由や導入後の評価など、マーケティング部アソシエイト・マネージャーの野田直世様に伺いました。

 

【課題】屋外広告でも“人の量や動き”等に基づく検証のニーズが高まるなか、どのようなデータで対応していくか長い間検討していた

【効果】GPS位置情報の活用で、人の記憶や感覚に依存しないデータに基づく媒体周辺の人流計測ができ、納得感のある提案が可能になった
引用:https://www.giken.co.jp/case-study/mcdecaux-kla/

コメント

タイトルとURLをコピーしました