地理空間分析の市場規模について

宇宙について

地理空間分析の市場規模、2026年に1078億米ドル到達予測

地理空間分析の市場規模は、2021年の595億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2026年には1,078億米ドルに達すると予想されています。

同市場の成長を促進する主な要因としては、AIMLベースGISソリューションの増加、スマートシティの開発と都市化、ビッグデータ分析の進歩、場所を問わないIoTセンサーの展開が挙げられます

見慣れない用語がたくさん出てきたので、自分なりに用語も調べてみました。

CAGRとは、複数年にわたる成長率から、1年あたりの幾何平均を求めたものです。例えば、100百万円の売上高が3年間で160百万円に伸びたときの、3年間の平均成長率を考える。

AIとは、人工知能。

MLベースとは、関数型言語のひとつである。現代風の関数型言語としては歴史が古い方で、型推論機能などを持つが、デフォルトの評価戦略は遅延評価ではなく先行評価で、書き換えが可能なレコード型を持つなど、いわゆる「純粋関数型」でない特徴や機能を持つ。

GIS(Geographic Information System)ソリューションとは、「地図」をベースとし、その上に「人」や「物」などの位置情報をプロットし、それらに付帯する情報を属する管理するシステム。

スマートシティ開発とは、「都市が抱える諸問題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」と定義。

ビッグデータとは、これまでのデータベース管理システムなどの技術では、管理したり分析したりすることが困難な大量のデータ郡のこと。

I oTとは、「モノのインターネット」を意味する言葉。身の回りのあらゆるものがインターネットに繋がること。モノに組み込まれたセンサーがデータを取得し、ネットワークを通じてPCなどのアプリケーションで確認できるのがIo Tの仕組み。アプリケーションからデバイス側へデータ送信することも可能。

COVID-19の地理空間分析市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生は、地理空間分析市場に多大な成長機会をもたらしました。スマートウェアラブル、ロボット、ドローンの利用が拡大していることが、パンデミック時の地理空間分析ソリューションの成長を後押ししています。

地図とGISは、組織が危機に対応し、継続性を維持しつつ再開のプロセスをサポートするための重要な洞察を提供します。GIS、アナリティクス、ビッグデータは、状況を理解し、情報に基づいた意思決定を行うための技術です。

GISによる比較研究は、COVID-19の発生源とパターンの理解と分析に役立っています。また、GISは利用可能な施設のモニタリングや介入計画にも利用できます。COVID-19 の種々の症例をマッピングすることで、感染源を特定することができます。

人口統計データをマッピングすることで、リスクグループや影響を受けやすい地域を監視することができます。地理空間技術は、組織のリスクエリアを予測・分析し、事業継続性を強化するための運用能力を測定します。

引用:

地理空間分析の市場規模、2026年に1,078億米ドル到達予測
株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース(2021年9月27日 14時00分)地理空間分析の市場規模、2026年に1,078億米ドル到達予測

地上空間分析市場は、今後2022年から2030年までの予測期間中、年平均成長率33.8%で成長

地理空間技術は、下記の高度なシステムをベースに構築されています。

  • GIS(地理情報システム)
  • GPS(全地球測位システム)
  • RS(リモートセンシング)

地理空間分析とは土地に関する情報の可視化

地理空間分析とは、地図をもとに解析を行い、その土地に隠された特徴を様々なデータを見つけ出す分析方法です。

空間データは、数字のデータや折れ線グラフや円グラフではなく、地図を使って分析します。例えば、地理空間分析は、新店舗の立地候補、防災、気象、農業、太陽光の設置、洪水危険度と様々なジャンルで役に立っています。

地図上に様々な情報を複合的にポイントしていき、たくさんの情報が詰まったものを可視化できるのが地理空間分析の手法です。

GSI、国土交通省 国土地理院のサイトで一般向けにデータも公開されています。

その中で地理空間情報の活用事例があります。東日本大震災の調査報告があります。https://www.gsi.go.jp/common/000061416.pdf

次は、このGISの具体的な導入事例を見ていきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました