大分空港 新たなアメリカ宇宙企業が進出へ ロケット発射基地

宇宙ニュース

大分空港では、すでに宇宙ロケットの発射基地として契約が決まっているヴァージンオービットに続き、2社目となるシエラ・スペース社が宇宙港としての検討をしていることが明らかとなりました。

↓NHKニュース

“宇宙港”計画の大分空港 宇宙船着陸検討へ米企業などと協定|NHK 大分県のニュース
アジア初の人工衛星の打ち上げ拠点、“宇宙港”の計画が進む大分空港で新たな動きです。 大分県は宇宙ステーションと地球を結ぶ宇宙船の着陸拠点と…

大分空港は滑走路が3000mと日本国内でも有数の長距離滑走路を有しており、空港と都市部へのアクセスが良好かつ近距離であること、また温泉地である別府市も近いことから宇宙産業、観光資源との連携活用も模索されています。

大分空港が宇宙とむすぶ宇宙基地となれば、産業活性化に大きく貢献される大分県にとっても重要な計画として認識されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました